HOME コイン情報 仮想通貨STRAKS(ストラクス/STAK)の特徴や将来性、購入方法までを解説!

仮想通貨STRAKS(ストラクス/STAK)の特徴や将来性、購入方法までを解説!

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、仮想通貨ライターのとっシーです。

今回紹介するのは、電子商取引の決済をスムーズにすることを目的とした仮想通貨STRAKS(ストラクス/STAK)。STAKは2017年末に公開されたばかりの草コインですが、「スマートコントラクト」や「セグウィット4x」などの最新技術を諸々に搭載した匿名性の高い仮想通貨ということで注目を集めています。

そこで今回は、仮想通貨STAKに興味がある人のために、仮想通貨STAKの基本情報から特徴、気になる将来性や価格推移、最後に購入方法までをステップごとに解説します。

STRAK(STAK)の基本情報

仮想通貨STAKの基本情報についてご紹介します。

コインの名称/STRAKS
ティッカー/STAK
時価総額/4億540万円
総発行量/1億5000万枚
現在の発行量/420万枚

STAKは2017年12月17日に公開されたばかりの通貨です。

仮想通貨STAKの8つの特徴

仮想通貨STAKには話題の最新技術がとにかく多く搭載されているため、多くの特徴があります。

①スマートコントラクト機能

「スマートコントラクト」とは、ETHが搭載していることで有名な契約を自動化する機能です。具体的には、契約内容とその執行条件を事前にブロックチェーン上にプログラムしておくことで、執行条件が満たされ次第、自動的に取引が実行され、契約履歴だけでなく契約内容も記録します。

②セグウィット4xに対応

セグウィットとは、取引履歴を圧縮してより多くの取引の処理を可能にする技術で、スケーラビリティ問題とトランザクション展性を解決する技術です。その最新バージョンが「セグウィット 4x」です。

③ライトニングネットワーク互換性あり

「ライトニングネットワーク」とは、複数の取引をオフチェーンでまとめることで、ブロックチェーン上の取引を少なくすることができます。その結果、手数料の減少によって少額の送金を気軽に行えるようになります。

④アトミックスワップ互換性あり

「アトミックスワップ」とは、第三者の介入が必要なくなり、種類が異なる仮想通貨の取引でもユーザー間で完結させることができる技術です。それによって、取引速度が向上し、不正な取引のリスクが減少します。

⑤i2p(インビジブルインターネットプロジェクト)実装

「i2p(インビジブルインターネットプロジェクト)」とは、コンピュータネットワークによる通信の始点と終点を匿名化するだけでなく、端点間の通信内容も暗号化して匿名化する機能を持つソフトウェアの名称です。これによって、取引の匿名化をより強化することが可能です。

⑥ゼロコインプロトコル実装(予定)

「ゼロコインプロトコル」とは、ゼロ知識証明という手法を利用することによって、送金額や送金元、送金先を匿名化することできる技術です。これによって、取引の匿名化を強化できます。

⑦マスターノード採用

「マスターノード」とは、DASHが採用していることで有名になった仕組みです。その仕組みとは、仮想通貨の取引機能を補助する役割を持ち、ある一定量の仮想通貨を保有することで、株式のように配当が受け取ることができるというようなものです。

⑧ハッシュアルゴリズムがLyra2rev2

「Lyra2rev2」とは、ブロックチェーンにおけるアルゴリズムの一種です。ASIC耐性があることによって、マイニングが中央集権的にならないことが特徴です。

仮想通貨STAKの将来性

STAKは上記の特徴からもこれから期待できる通貨であると予想されますが、以下の3つの事実からも今後に期待が持てる通貨であると思われます。

コミュニティ力

STRAKSは「STRAKS-vote」という投票制度があり、STRAKSの成長と発展によりコミュニティがより関与することを可能にしています。STRAKSのユーザーはプラットフォーム上で製品やビジネス、市場調査の機会を増やすことができ、コミュニティは資金調達や動向に対して投票することができます。

STRAKS専門サイト

STRAKSはできたばかりの草コインにもかかわらず、STRAKS専門のニュースサイトを持っています。仮想通貨の価値が高騰するには、大前提として、より多くの人々がその通貨を認知して、その通貨を購入する必要があります。多くのマイナーなコインが初心者には難しいツールを発信ツールとしているのに対して、STRAKSはこのようなニュースサイトで発信することで、ユーザビリティの向上にも繋がっています。

ロードマップ

ロードマップが公表されているアルトコインは少なくないですが、多くのコインのロードマップは現実的でないと判断されることが多いです。しかし、STRAKSのロードマップは理論上可能であると思われるだけの説得力があり、信頼できる可能性が高いです。以下がそのロードマップをまとめたものです。

2018Q1:STRAKSのネットワーク全体の統計情報を管理できるダッシュボードをつくる

2018Q2:STRAKSを基軸通貨としたユーザーが商品やサービスを交換できるマーケットをつくる

2018Q3:電子商取引の可用性を高め、STRAKSの普及率を高める

2018Q4:ゼロコインプロトコルを実装し、匿名化を強化する

仮想通貨STAKの価格推移

STAKの価格推移は以下の通りです。

出典:CoinMarketCap

公開日は2018年1月2日で、1STAK=$2.04で取引が開始されます。取引開始直後から徐々に高騰し、2018年1月8日には最高値である1STAK=$38.43まで達しました。その後、世界各国の仮想通貨市場の縮小の影響を受け、徐々に下降。2018年5月22日現在は1STAK=$0.8となっています。しかし、仮想通貨が今後決済機能や電子商取引の中心を担うようになる時に、STRAKSの機能性を考えるとこれから高騰する可能性は十分にあると言えるでしょう。

仮想通貨STAKの購入方法

最新技術を多数を搭載した将来性抜群のSTRAKSですが、残念ながらまだ日本の取引所では扱われていません。そのためSTAKを購入するには、一度日本の仮想通貨取引所でBTCを購入してから海外の仮想通貨取引所に送金するという流れになります。

とにかく手数料が安い HitBTC

「HitBTC」は、STAKが2018年5月15日に新たに上場を発表した運営会社がイギリスで登録されている仮想通貨取引所です。HPの言語は英語と中国語のみ。特徴としては、取引手数料が0.1%と他の取引所に比べて非常に安いことと、ICO直後の通貨を積極的に採用していることです。

セキュリティに強い CryptoBridge

「CryptoBridge」は、2017年8月に開設された比較的新しい取引所ですが、日本語対応もしているため、操作しやすいです。また、「CryptoBridge」は分散型取引所(DEX)であるため、2018年1月26日のコインチェック事件で起きたような盗難被害を防ぐことができます。

この記事の著者
とっシー@休学ランサー
現役大学生フリーランスのWEBライター/ブロガー。香川大学 法学部 5年生。現在は休学して千葉県いすみ市に滞在中。仮想通貨の可能性にワクワクしている。
このエントリーをはてなブックマークに追加

センサーにより実店舗の売り上げを向上!仮想通貨NCASHとは

前の記事

仮想通貨Centrality(セントラリティ/CENNZ)の特徴や将来性、購入方法を徹底解説!

次の記事

RELATED

関連記事