HOME コイン情報 Ripple(リップル/$XRP)の特徴や購入方法、評判、取引所、最近のニュースなど

Ripple(リップル/$XRP)の特徴や購入方法、評判、取引所、最近のニュースなど

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年は仮想通貨元年と言われ、2018年はブロックチェーン元年とも言われています。ブロックチェーン技術が実際に目に見えるサービスとして活用され始めます。今まではブロックチェーンと言われても目には見えない存在でしたがツールやアプリになってブロックチェーンを活用したサービスがこれから出てくると言われています。

暗号通貨2.0と言われているブロックチェーンを活用した暗号通貨も注目が集まっています。Rippleもその暗号通貨2.0に入ります。ビットコインとは違い通貨としての役割だけでなく、国際送金を画期的にした暗号通貨です。そんなRippleの特徴や購入方法などをご説明します。

Ripple($XRP)の特徴は?

RippleはBitcoinや他の仮想通貨とは異なる点があります。ほとんどの仮想通貨は管理している中央機関が存在しないのが一般的ですが、Rippleはリップル社という特定の企業が発行した暗号通貨です。

また「Ripple」はリップル社のプロジェクト名の総称です。リップルネットワークに使われる暗号通貨が「$XRP」となります。発送上限枚数は90億枚です。

リップル社はブロックチェーンを用いて独自に開発したリップルネットワークを使い、国境を跨ぐ銀行間の送金「国際送金」を約4秒で行い、また手数料を格安にして送金することができます。

その送金の際に使用されるのが「$XRP」で、この暗号通貨はすでにリップル社が1,000億枚全てを発行済みです。使用されることでその数を徐々に減らしていく仕組みです。

他の仮想通貨とは異なるのは、銀行や金融企業を繋げて法定通貨の国際送金をサポートしている点です。世界中の銀行や企業が注目しており、すでに実際に国際間での送金実験も行われています。リップルネットワークと提携している銀行・企業は日本を含め世界中に存在します。

こういった国際的に銀行や金融企業を繋げる暗号通貨として「ブリッジ通貨」とも呼ばれているます。

Rippleが世界で求められている理由

国際送金を行う際は手間と時間と高い手数料がかかります。送金手数料→円為替手数料→中継銀行手数料→受取銀行手数料となるので、国外に留学に行っている子供や、国外に出稼ぎに行っている人が家族に給料を送る際にも手数料は負担になります。また企業間での国際決済となるとさらに多くの時間とコストがかかります。

現在のこのシステムはインターネット登場前から作られたもので、さらに国ごとに別々の仕組みにもなっているので、遅延や不履行のリスクもあります。仲介銀行を経由するたびに手数料が加算される理由でもあります。

送金のシステム図

VenmoやPaypalを使って販売店に送金する場合でも、最終的なお金の管理と移動には銀行が関わります。国際決済には流動性の供給が必要になり、現在は大手の国際銀行が流動性供給の役割を担っています。

Rippleでは決済の需要者である個人や企業に、銀行と第三の流動性供給者が決済サービスと流動性を供給しています。つまりRippleは決済のエンドツーエンドを確実にし、直接的にかつスピーディーに取引をおこなことができるので、大手の国際銀行はRippleによって、リスクやコストを軽減することができます。

Rippleのメリット

リップルネットワーク

国外に出稼ぎや、留学している人に大きなメリット

銀行間の通貨の取引に特化しているので、Rippleシステムを銀行が使うことで国際送金をスピーディーに且つ、格安で送金を行うことができるので、国外に法定通貨を送りたい人には大変利便性があります。

Rippleにはマイニングが存在しない

リップル(XRP)は既に全て発行されているので、マイニングの必要がなくマイナーに手数料を支払う必要がありません。またビットコインのように一部のマイナーに権力が集中し、技術的なアップロードが行えない、または手数料が高くなる可能性もないのが最大のメリットです。

ビットコインの欠陥を補うために作られた

Rippleネットワークはビットコインより早く取引を完結させることを目的としています。 ビットコインは取引処理の遅延などスケーラビリティ問題や手数料が高い問題を抱えています。対してRippleは法定通貨にかわる通貨になるのではなく、金融機関と協力をしている点がビットコインとは違います。

Rippleが購入できるおすすめ取引所

初心者でも簡単に登録することができ、日本円を振り込むことで直ぐに取引を始められます。

  • GMOコイン(販売所のみ)
  • ビットバンク
  • ビットトレード
  • DMM Bitcoin
  • コインチェック(現在新規登録規制中/Rippleの取引停止中)

今までの価格の推移について

XRPは2017年12月上旬まではほぼ20円台をキープしていました。その理由の一つとして、それまでリップル社が発行したXRPの60%を保有していましたが、12月頭に第三者機関に預けたことで、そこから価格が上がりました。12月14日以降に価格が高騰し、一気に140円まで跳ね上がりました。

12月13日の日経新聞にも掲載されたことで知名度が上がったことや、ロップアップが完了したとリップル社から発表があったことで、その直後、価格が高騰しました。2018年1月4日は400円まで価格が上がり、時価総額ランキングも第4位からイーサリアムを抜いて第2位になりました。

しかしその後、1月16日仮想通貨全体で暴落があり、Rippleは103円程まで下落しましたが、1月中旬は187円まで回復し、2月23日現在は111円です。時価総額ランキングは第3位です。

2018年の展望や最近のニュース

Rippleは2017年後半から日韓間の送金実験や、SBI Ripple Asiaを中心として活動している内外為替一元化コンソーシアムが、リップル社の技術を利用すると発表し、また三菱東京UFJ銀行がRippleを活用し海外送金を18年初頭から開始するとも発表されました。

2017年12月下旬、SBI Ripple Asia が JCB、三井住友カード、クレディセゾン等と『ブロックチェーン技術等を活用したペイメントカード業界コンソーシアム』を設立しました。

また2018年2月は、

リップルネットワーク図

  • LianLian International が RippleNet に参加
  • UAE Exchange が RippleNet への参加を表明
  • Western Union が xRapid を利用した送金テストを公表
  • Saudi Arabian Monetary Authority(サウジアラビア金融局)が xCurrent のパイロットを開始
  • Itaú Unibanco が RippleNet に参加
  • IndusIndが RippleNet に参加
  • InstaReM が RippleNet に参加
  • Beetechが RippleNet に参加
  • Zip Remitが RippleNet に参加

*Ripple総合サイト参照(http://gtgox.com/history-of-ripple/

今後のRippleについて

2018年1月は仮想通貨の価格が全体的に下落し、仮想通貨バブルが弾けたかとも言われてますが、本質はそこではなくブロックチェーンという画期的な技術は今後世界中で注目され、実際に「使うため」に買われるようになるとも言われています。

Rippleの技術も今後さらなる進化と、多くの銀行や金融企業との提携により幅広く活躍されると予想されます。価格がビットコインのように大きく上がるシステムにはなっていませんが、今後の進展には注目です。

この記事の著者
一芯二葉
主に仮想通貨関係の記事を執筆しているwebライター、その他に美容系、ライフスタイルなど執筆しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

今が買い時!?BNB(Binance Coin)の将来性が注目される理由

前の記事

ビットコイン(Bitcoin)のスケーラビリティ問題とは

次の記事

RELATED

関連記事