HOME コイン情報 パブリックチェーンとプライベートチェーンの違い

パブリックチェーンとプライベートチェーンの違い

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブロックチェーンは革新的な技術だと言われますが、ブロックチェーンにも様々な種類があり、それぞれできることは異なります。

ブロックチェーンの種類は大きく分けて3種類あり、パブリックチェーン、プライベートチェーン、コンソーシアムチェーンです。

当然、3種類ともメリットとデメリットがあります。世の中に仮想通貨は数多ありますが、それぞれの目的に合わせてどのチェーンを採用するのか決めているのです。ですので、どのチェーンが最も優れているか?と言う議論はあまり意味を持ちません。

投資するにしても、通貨を利用するにしても、これらの違いを把握しておくだけでブロックチェーンの理解度はググッと深まります。

 

パブリックチェーン

ネットワークに誰でも参加できるのがパブリックチェーンの特徴です。ビットコイン のように、オープンソースになっており、取引台帳も公開されています。非中央集権的な構造だと言えます。

 

メリット

オープンソースなので、誰でもノードを立ててネットワークに参加することが可能です。数多くのノードに情報が分散しているので、悪意のある参加者がいる場合でも、全てのノードが停止しない限り正しい情報を復元できます。

ノードを運用している人には、報酬が支払われます。これがマイニングと呼ばれるものです。ノードのひとつひとつがブロックチェーンの運用に寄与しており、取引を監視することで健全な経済圏を維持するのです。

 

デメリット

オープンソースで誰でも参加できる反面、暗号化を複雑にすることでセキュリティを保っています。この複雑に暗号化された取引を監視するためには、ノードが膨大な計算を行う必要があります。そのため、ノードは大量のマシンパワーを消費することになり、電気代の大量消費が問題視されています。

また、取引のリクエストが同時に大量に送られると取引が遅延してしまう、いわゆるスケーラビリティの問題もあります。

さらに、非中央集権の構造でスケーラビリティを解決する方針を決める管理者がいません。なので、ハードフォークを行って新たな通貨を分岐させることができます。ビットコイン はフォークコインが乱立しており、価格の乱高下やユーザーの混乱を招いている現実があります。

 

プライベートチェーン

誰でも参加できるパブリックチェーンに対して、プライベートチェーンは単独の組織が管理する中央集権的なブロックチェーンです。

 

メリット

単独の組織が管理しているため、リーダーシップのある運営が可能になります。参加者の意見が分かれてハードフォークするような事態にはなりにくいですし、悪意のある参加者が勝手にネットワークに参加することもできません。つまり、パブリックチェーンのように厳格にネットワークを監視する必要はなく、マイニングも必須では無くなります。そのため、取引が遅延するリスクも軽減されるといった利点もあります。

これらの特徴から、プライベートチェーンは企業が運用する用途に適しています。例えば、病院のカルテを管理したり、自治体が地域振興のために仮想通貨を発行したりする用途が考えられます。

 

デメリット

中央集権的な管理をしているので、分散化のメリットが薄れてしまいます。最も重要な点は開発者を信頼できるかどうかです。開発者の運営が良くも悪くもサービスの質に直結してしまいます。この点でプライベートチェーンは既存のサーバー・クライアント型の運営と対して変わりません。

 

コンソーシアムチェーン

パブリックとプライベートの中間的な存在が、このコンソーシアムチェーンです。プライベートチェーンは単独の組織が運営していますが、コンソーシアムは複数の組織が許可制でネットワークに参加します。リップルはまさにコンソーシアムチェーンを利用して金融分野にイノベーションを起こそうとしています。

 

メリット

複数の組織で運営することで、プライベートチェーンと異なり相互監視が行われ、データの改ざんや不正利用が起こりにくくなります。

コンソーシアムチェーンは金融の分野での利用が期待されています。大手金融機関がコンソーシアムチェーンに参加することで、送金が安全に安価で行えたり、取引データもネットワーク全体で共有できます。

プライベートチェーンのメリットとして病院のカルテの例を挙げましたが、仮に複数の病院がコンソーシアムチェーンに参加すれば、カルテの共有や一括管理が実現できるかもしれません。

 

デメリット

複数の組織がネットワークに参加したとしても、パブリックチェーンの透明性には及びません。プライベートチェーンと同じく、開発者が信頼できるかどうかが重要になります。

 

まとめ

それぞれのメリットとデメリットを簡潔に説明しました。まとめると下図のようになります。

共通しているのは「非中央集権」と「取引スピード&ハードフォーク」のトレードオフだと言うことです。パブリックチェーンは非中央集権ですが、取引スピードの懸念やハードフォーク乱立のリスクが伴います。プライベートチェーン、コンソーシアムチェーンは中央集権的な管理になりますが、送金詰まりとハードフォーク が起こりにくい。

冒頭でも述べたように「どちらが優れているか」と言う問題ではなく、プロジェクトに適したブロックチェーンを採用することが重要です。

技術は日々進歩していますし、現在抱えているこれらの問題をイノベーションで解決できるかもしれません。ブロックチェーンに取って代わる可能性がある技術とされるDAGなどはその筆頭でしょう。

ビットコイン やイーサリアムもスケーラビリティ問題改善のための方策はすでに打ち出していますし、今後の技術の発展に期待したいところです。

この記事の著者
久野太一
ライブドア、LINE、サイバーエージェントを経て福岡へ移住。福岡のベンチャー企業グッドラックスリーのブロックチェーン事業でICOのマーケティングとユーザーコミュニケーションを経験し現在フリー。
このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨NEOから生まれたトークンontの特徴、購入方法と将来性

前の記事

Aidos Kuneen(ADK)の特徴や将来性と購入できる取引所は?

次の記事

RELATED

関連記事