HOME COIN 三菱UFJフィナンシャル・グループのMUFGコインとは

三菱UFJフィナンシャル・グループのMUFGコインとは

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブロックチェーン技術は以前から金融関連企業に活用されるだろうと期待されており、ついに大手バンクの三菱UFJファイナンシャル・グループが独自開発した仮想通貨「MUFGコイン」を発表しました。世界規模の金融グループであることから大変注目されていました。今回はそんなMUFGコインの特徴や将来性などを解説します。

MUFGコインとは?

MUFGコインは三菱UFJファイナンシャル・グループが開発を進める仮想通貨で、2017年内の公開予定でしたが、2019年に10万人規模の実証実験を行う予定です。

すでに2017年5月に社員1500人での実証実験が行われており、同年10月には幕張メッセでMUFGコインを使って自動販売機で飲料を購入するデモストレーションを行なっています。

MUFGコインの用途

今年中の一般公開が注目されているMUFGコインは、1MUFG=約1円で固定されるとのことで、利用者は価格変動を気にすることなくMUFGコインを使用できるメリットがあります。コインを使用する際はスマートフォンに専用アプリをダウンロードし、そのアプリを使って送金や買い物の決済ができるようになる予定です。

MUFGコインの処理能力

MUFGコインのブロックチェーンは1秒間に100万件以上のデータ処理を可能とし、従来の金融システムと違い、瞬時に送金を完了させることができ、送金にかかる手数料が従来の振込手数料と違い、大幅に安くなります。

MUFGコインを開発した目的

数年前から話題になっている仮想通貨ですが、大手バンクがなぜ仮想通貨の開発を行ったのかその理由は、ATMにかかるコスト削減だけでなく、MUFGコインとしての5つのサービスがあります。それはP2P送金、複数口座(グループ口座)、加盟店決済、IoT決済、融資があります。

ATMにかかるコスト削減対策

現在では全国のコンビニにATMが設置されているのは当たり前で、その台数は約20万台のATMと言われています。入金、引き出しだけではなく、振込や借入までも行うことができ利便性が非常に高いと言えます。

その一方でATM1台につき月30万円ほどのコストがかかっています。電気代はもちろんのこと警備や監視システム、現金輸送コストや機械自体の維持管理コストがかかるので、台数が多くなればそれだけ銀行の負担にもなります。

そこでコストがかかる現金決済から、ブロックチェーンを活用している仮想通貨にシフトし、キャッスレス化を図ることでコスト削減に繋げることが可能としています。

個人間で送金が可能

仮想通貨の特徴でもあるP2Pは、中央管理システムと言われる銀行などを仲介せず、個人間で直接通貨を送金できる技術です。法定通貨の場合はATMや銀行を使って、相手に送金をするので、振込手数料などがかかります。

そこでブロックチェーンを利用しているMUFGコインなら、ビットコインと同じ仮想通貨なので個人間(P2P)の送金が可能になります。企業間でも同様なので、いつでも瞬時な送金を完了させ、尚且つ、安い手数料で行うことができます。

複数の口座(ウォレット)を作れる

昔は同じ銀行で1つ以上の口座を作ることができましたが、現在は原則として「1人1口座まで」となっています。これは架空口座やマネーロンダリングなどの犯罪による使用の防止のためでもあります。銀行によっては正当な理由があれば作れるかもしれませんが、開設には手間もかかります。

仮想通貨ウォレットなら作るのは簡単です。また銀行側も口座管理コストは軽減されるので、仮想通貨を利用することで同じ銀行で複数の口座を開設することが可能になります。

加盟店決済が可能

クレジットカードを利用できる店舗は日本全国に多数ありますが、店舗側にかかる決済手数料があります。できればクレジットカード決済は店舗側にとっては避けたいところですが、それはそれで難点と言えます。

そこで簡単に行える仮想通貨での決済が可能になれば、クレジットカードの高い手数料がなくなり、安い送金手数料になるので店舗の負担も軽減されます。加盟店ならMUFGコインで決済ができるサービスを導入することができます。

IoT決済が可能

2017年10月に幕張メッセでMUFGコインのデモンストレーションが行われましたが、使用された自動販売機はインターネットに接続されたもので、MUFGコイン決済が行われるようになっていました。

この自販機のように家電やモノがインターネットに繋がっていることをIoTと呼ばれ、こういったIoT製品とMUFGコインが繋がることで、いつでもキャッシュレス決済を行うことが可能になります。

MUFGコインを利用した融資

MUFGコインのブロックチェーンはイーサリアムを使って構築されましたが、その後、コンソーシアム型のHyperledger Fabricという「仮想通貨に限らず社会のソリューションの技術基盤として汎用的に活用できるよう開発されたブロックチェーン」に移行されました。

つまり融資業務をMUFGのブロックチェーンで行うことで、時間がかかる手続きや人件費がかかる審査などのコスト削減を実現させることも可能です。

MUFGコインのまとめ

大手バンクがブロックチェーンを積極的に活用し始め、ついにMUFGコインの発行に向けて開発が進められています。約1円で固定されることで利用者にとっては安心しやすい通貨と言えます。広く普及までには時間もかかると思いますが、利用者にもメリットはあるので、今後の進展に注目していきましょう。

この記事の著者
一芯二葉
主に仮想通貨関係の記事を執筆しているwebライター、その他に美容系、ライフスタイルなど執筆しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

PornhubがVerge(バージ/XVG)と提携した理由とは

前の記事

Vechain (VET/ヴィチェーン)の特徴や将来性を解説

次の記事

RELATED

関連記事