HOME コイン情報 ERC721とは?ERC223・ERC20とどう違う?

ERC721とは?ERC223・ERC20とどう違う?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ERC20という名称はトークンセールに参加したことがある人ならば聞いたことがあると思いますが、「イーサリアムを使って仮想通貨を発行できる規格」という認識の方も多いでしょう。ERC223という規格もあります。

さらに、昨今注目されているdappsゲームを語る上で語れないERC721という規格もあります。このERC721は2018年には目にする回数が増える重要なキーワードになるでしょう。ゲームだけではなく、様々な場面に応用できるポテンシャルを秘めている規格です。

ERC20とERC223の誕生背景

ERC20の利用用途

ERC20が作られる以前からも、スマートコントラクトを実装したイーサリアムベースのトークンは多く存在していました。しかし、開発者によってブロックに補完されるデータの種類はまちまちであるため、同じイーサリアムベースのトークン同士でも互換性がないのです。互換性がないと何が問題かというと、取引所運営者やウォレット事業者がトークンのひとつひとつに対応しなければならず、これが大変な手間となってしまいます。

この問題を解決するため、スマートコントラクトの共通規格としてERC20が生まれました。ERC20に準拠していれば、取引所もウォレットもトークン個別に対応する手間が省けます。トークンの流通や保管が容易になる素晴らしい規格であるため、トークンセールにも数多く用いられています。

ERC20の欠点を補うERC223

そんなERC20にも大きな欠点があります。送金時にユーザーアドレスではなく、コントラクトアドレスを指定してしまうと、送金自体は正常に処理されるものの、トークンをそこから動かすことができなくなってしまい凍結状態となってしまうのです。

その欠点を補うために作られたのがERC223です。ERC223にはToken Fallbackという機能が実装されており、もし誤ってコントラクトアドレスに送金してしまっても、コントラクトに対応していない取引であればトークンは返還されます。

ERC721とは?

ERC20とERC721は用途が異なる

前述の通り、ERC20とERC223はスマートコントラクトの共通規格として互換性がありますが、その最大の特徴は“代替可能性”にあります。

例えば、日本円の千円札はAさんの持っている千円札も、Bさんの持っている千円札も、同じ価値がありますよね。これを代替可能性と呼びます。ですので、ERC20ベースで作られたトークン(AugurやOmiseGOやALISなど)は、Aさんの持っているトークンもBさんの持っているトークンも同じ価値となります。

対して、ERC721の特徴は“代替不可能性”です。全てのトークンがユニーク(唯一無二)の存在となります。

ERC721がdappsゲームに適している理由

ERC721のトークンが代替不可能であるという特徴を生かしたのがdappsゲームです。dappsの代表格であるクリプトキティはERC721を採用しています。子猫一匹一匹がトークンでありながら、見た目や性格などが異なっており他に全く同じ価値を持つ子猫はいません。まさに代替不可能と言えます。

この特徴はこれまでのゲームにはなかった概念ですし、ゲームとの相性も抜群です。ポケモンは自分で育てて友達と交換できますが、クリプトキティのようにブロックチェーンでユニークであることを証明できませんし、売買もできません。

今後、dappsゲームは発展していくことが予想されます。今はまだクリプトキティのようにゲーム性も乏しく、投機の対象と取られがちですが、多くのゲームデベロッパーが参入することでどんどんリッチになっていくでしょう。

現在はポケモンや競馬のような育成ゲームが多いですが、シムシティのような経営ゲームも増えていきそうです。すでにイーサタウンという不動産経営ゲームが5月にローンチを控えています。イーサタウンでは、自分の所有している不動産やキャラクターをERC721のトークンで管理します。自分の土地で自分のキャラクターが生産活動をすることで、トークンを稼ぐことができるのです。

将来の展望

もちろん、ERC721はゲーム以外での利用も期待できます。著作権や所有権をブロックチェーンで管理できるようになるので、様々な可能性が考えられます。

例えば、ライブやコンサートのチケットをERC721で管理すれば、偽チケットや違法な転売による被害を防げます。

デジタルコンテンツはもちろんのこと、物理的な商品との連携もあり得るでしょう。ビンテージのジーンズのタグにQRコードをつけておいて、ERC721で管理したり、犬の血統書でも同じようなことが可能です。

まとめ

このように、同じERC規格でも、性質は異なります。ERC20とERC223は代替可能、つまり通貨としての利用に向いています。さらに共通規格で互換性があるので、取引所やウォレットサービスも対応が容易です。

ERC721は代替不可能で現在はdappsゲームでの応用が目立っています。ゲーム内での生産活動でトークンを稼いで生計を立てる新たなプロゲーマーが生まれるかもしれません。

投機の対象だけでなく、実用的なERC721の利用方法が普及していくことを期待したいですね。

この記事の著者
久野太一
ライブドア、LINE、サイバーエージェントを経て福岡へ移住。福岡のベンチャー企業グッドラックスリーのブロックチェーン事業でICOのマーケティングとユーザーコミュニケーションを経験し現在フリー。
このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨Selfkey(KEY)の特徴・将来性・購入方法について解説

前の記事

district0xは地区毎に目的の変わる仮想通貨!購入方法や将来性

次の記事

RELATED

関連記事