HOME COIN 仮想通貨Centrality(セントラリティ/CENNZ)の特徴や将来性、購入方法を徹底解説!

仮想通貨Centrality(セントラリティ/CENNZ)の特徴や将来性、購入方法を徹底解説!

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、仮想通貨ライターのとっシーです。

今回紹介するのは、ブロックチェーン技術を使った分散型アプリケーションプラットフォームの構築を目指すプロジェクトであるCentrality(セントラリティ/CENNZ)。2018年1月15日にICOしてから、わずか6分という最速記録でトークンが完売した仮想通貨です。この時、およそ100億円の資金調達を達成したとされていることから、2018年屈指の注目銘柄の1つと言っていいでしょう。

そこで今回は、仮想通貨CENNZ(センズ)に興味がある人のために、CENNZの基本情報から特徴、気になる将来性や価格推移、最後に購入方法までをステップごとに解説します。

仮想通貨CENNZの基本情報

仮想通貨CENNZの基本情報についてご紹介します。

コインの名称/Centrality
ティッカー/CENNZ
時価総額/180億円
総発行量/12億枚
現在の発行量/722万枚

CENNZは初のTGE案件ということで、よくあるICO詐欺の可能性が少ない信頼性の高いコインです。

仮想通貨CENNZの特徴

ここでは仮想通貨Centrality(セントラリティ/CENNZ)の特徴を見ていきましょう。

分散型アプリケーション(DApps)プラットフォームを構築

CentralityはEthereum(イーサリアム)やNEO(ネオ)、Lisk(リスク)のような「分散型アプリケーション(DApps)プラットフォーム」です。仕様としてはパソコンでいうウィンドウズやMACなどのOS的なポジション。既存のアプリケーションでは、サービスを提供している企業が中央集権的に管理しています。それに対してDAppsはオープンソースで開発されているため、より公平なシステムです。しかし、Eithereumなどを基盤としたDAppsの構築は簡単なものではありません。そこで、次に紹介する「モジュール」が重要な役割を果たします。

モジュールによってアプリ開発が簡単に

「モジュール」とは、CentralityがDAppsにおけるアプリケーション開発の煩雑さを緩和するために提供しているパーツです。DAppsの開発者はこの「モジュール」をCentralityのネイティブトークンであるCENNZで購入することで、より簡単にDAppsを構築することができます。これによって、分散型アプリケーション開発への参入障壁が低くなり、利用する企業が増えることが期待されています。

1アカウントで全てのアプリが利用可能に

さらにCentralityでは、DAppsで開発されたアプリケーションを1つのアカウントで利用することができます。従来のアプリケーションでは、異なる企業が提供しているアプリケーションごとに登録情報を記入しなければならないという煩雑な手続きを必要としていましたが、Centralityではその手続きが1度で済むことによってユーザビリティにも優れています。このように、Centralityは開発者だけでなく利用者にも使いやすいプラットフォームとなっています。

仮想通貨CENNZの将来性

CentralityはICOしてからわずか6分で完売したことを考えると、期待値の割にはあまり価値が上がりませんでした。ですが、以下の3つの事実からも今後に期待が持てる将来性抜群の通貨であると言えるでしょう。

ニュージーランド政府からの支援

ニュージーランドで開発が進められているCentralityですが、ニュージーランド政府から3年間で1500万ドルの返済不要の支援を受けられることになっています。このことからもCentralityの期待値の高さがうかがえます。

企業提携やアプリ開発が進んでいる

Centralityが将来的に有望視されている理由の1つに、すでに多くの企業がCentralityと提携していることが挙げられます。2018年3月19日には、中国の大企業であるワンダグループと提携したことも発表しています。またCentralityのDAppsプラットフォーム上には、すでに多数の製品(アプリケーション)を保有していることも注目されている1つの理由です。

CENNZトークン保持者を対象としたAirDrop

さらにCENNZトークンを保持している人には今後、DAppsプラットフォーム上で新しくアプリがローンチされるたびに、そのアプリ内のトークンがAirDropされます。言い換えると、CENNZトークンを保有しておくことによって新しいサービスが優先的に受けられるようになります。

仮想通貨CENNZの価格推移

CENNZのこれまでの価格推移は以下の通りです。


出典:CoinMarketCap

CENNZは、分散型アプリケーションをより社会に浸透させるべく日常のニーズに沿ったアプリ開発を目指すCentrality Ecosystemを構築するために、異なるブロックチェーンを繋ぐことができるPlug(同じくTGE案件)と連携して、2019年ごろにはプラグネットというサービスをローンチする予定ということから、これから価値が上昇する見込みは十分あります。

仮想通貨CENNZの購入方法

今後ますます期待が大きくなりそうなCENNZですが、残念ながらまだ日本の取引所では扱われていません。そのためCENNZを購入するには、一度日本の仮想通貨取引所でBTCを購入してから海外の仮想通貨取引所に送金するという流れになります。

セキュリティに強い分散型取引所 SingularX

「SingularX」は分散型取引所(DEX)です。中央集権型の取引所とは違い、スマートコントラクトを使用したネットワークで管理されているため、サービス拒否攻撃や詐欺に対して強いセキュリティを誇ります。

500を超えるアルトコイン取引が可能な クリプトピア

「クリプトピア」は2017年末の草コインブームで話題となったニュージーランドの取引所です。2段階認証とコールドウォレットに対応しているため、コインチェック事件のような不正流出が起こる可能性は低いです。日本語には対応していませんが、Google Chromeを使って日本語に翻訳することも可能です。

年内には大手仮想通貨取引所に上場も?

また、CENNZは年内には大手仮想通貨取引所に上場を狙っているとのことです。これからのCENNZの動向に要注目です。

この記事の著者
とっシー@休学ランサー
現役大学生フリーランスのWEBライター/ブロガー。香川大学 法学部 5年生。現在は休学して千葉県いすみ市に滞在中。仮想通貨の可能性にワクワクしている。
このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨STRAKS(ストラクス/STAK)の特徴や将来性、購入方法までを解説!

前の記事

Etherparty(FUEL)の特徴やチャート、将来性について解説

次の記事

RELATED

関連記事