HOME コイン情報 ZCASH($ZEC)の基本情報や特徴と価格推移

ZCASH($ZEC)の基本情報や特徴と価格推移

このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨の種類はたくさんありますが、取引の匿名性を高めることができる「暗号通貨」が人気を集めています。中でもZCASHはトップレベルの匿名性を誇っています。この記事の中で機能や価格推移について解説します。

ZCASH($ZEC)の基本情報

ZCASHは2016年10月に誕生しました。開発・運営はZCC(Zcash company)が行なっています。

コインの名称/ZCASH
ティッカーの名称/ZEC
時価総額/117,516 BTC
総発行量/2,100万ZEC

実は2013年には初めてZerocoin、2014年にはZerocashの2つのプロジェクトが始動していました。

最大の特徴は「匿名性の高さ」です。とはいえ、そもそも仮想通貨は匿名でやりとりができるものだというイメージを持つ人も多いでしょう。

しかし、既存のコインは取引に使われるウォレットアドレスと、送金金額などが誰でも見ることができる難点がありました。

もちろんこれが取引の透明性の証明するといった利点でもあるのですが、不正アクセスやプライバシーの観点から問題視されていました。

個人の買い物ほどの規模ならまだしも、企業の資金取引など巨額なアカウントを特定されたらハッカーに狙われやすくなってしまいます。

そこで使われるのがZCASHです。このコインが匿名化できる情報は下記の通りです。

  • 送信アドレス
  • 受信アドレス
  • 取引金額
  • ウォレットの残高

つまり、取引に関わるほぼ全ての情報が匿名化できるので、当事者以外に情報が漏れるリスクを極力抑えることが可能です。

一体なぜそのようなことができるのか?それはZCASHが初めて実用化したとある理論が大きく関わっています。

ゼロ知識証明を利用した初めての通貨

Zcashゼロ知識認証のイメージZCASHには「ゼロ知識証明(ZKP: Zero-Knowledge Proof)」という暗号学の理論が用いられています。

複雑な数式を用いるため説明するのが難しいのですが、ごく簡単に言うと「パスワードを入力せずに、パスワードを知っていることを証明する」といった理論です。

これは取引ごとにランダムな質問を複数投げかけることで、問題の答えを知っていることを証明する仕組みです。

パスワードを直接入力する方式を円を線で描くことに例えると、ゼロ知識認証は正しい場所に点を打っていくようなイメージです。

発祥は1980年代(80年と85年の説あり)のマサチューセッツ工科大です。優れた理論として評価はされたものの、長らく忘れられた理論として扱われていました。

それから30年近くの年月が経ってから、初めてZCASHにより実用化されひの目を浴びたのです。

同じく匿名性の高いアルトコインといえば、MoneroやDASHが挙げられます。それらのコインは取引の金額を匿名化する、言わば部分的な匿名コインです。ZCASHのように取引にかかわる情報のほぼ全てを匿名化して第三者からの追跡を逃れることはできません。

そんな特徴からZCASHはしばしば「完全匿名コイン」だと言われています。

ZCASH($ZEC)の価格推移と将来性

リリース前から各方面で特徴を集めていたZCASHは、2016年10月にローンチされてから急激な高騰を見せました。

一時は1ZEC=530,000円をマークして、当時のビットコインの価格を大きく塗り替えたことがニュースとして報じられました。

しかし値下がりも早く、わずか3日で1ZECは4,500円ほどまで下がってしまいました。

その後しばらく5,000円前後で取引されることが多かったのですが、翌2017年には好材料が次々と誕生してきました。

3月には大手取引所への上場、5月にはコンセンサス2017(仮想通貨の世界最大のサミット)で、JPモルガンがZcashとパートナーシップを結ぶことが明らかになりました。

生まれたばかりのアルトコインが世界最大手の銀行と提携するということは、大きなニュースとして国際的な関心を集めました。

コンセンサスの前は7,000円から8,000円ほどだったZcashの価格は、この発表により27,000円まで高騰しました。

JPモルガンが利用を進めているイーサリアムのアップデート計画「メトロポリス」にもZCASHは技術協力をして、イーサリアムの取引の匿名化にも大きく貢献しています。

さらに2018年にはZCASH自身もいくつかの大幅なアップデートが行われる予定なので、さらなる価格上昇が見込まれます。

SaplingとOverwinterという名前がつけられた計画は、6月と9月に行われる予定です。

この計画により取引承認のスピードが現在より5倍ほど早くなるそうです。さらに公式ウォレットのスマホ用アプリがリリースされます。

これまでは公式のアプリはLinuxだけしか対応していなかったので、よりたくさんの人が利用できるようになります。

これらの要素を鑑みると、ZCASHの将来性は高いと言えるでしょう。

ZCASH($ZEC)が買える取引所

国内
・coincheck(現在停止中)

海外
・Bithumb(韓国)
Binance(中国)
・HitBTC(イギリス)
・Poloniex(アメリカ)
・Bittrex(アメリカ)

この記事の著者
タライモ
仮想通貨関係のニュース翻訳や記事作成をしています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨ALISトークンとは?最新ニュースと特徴、将来性を徹底分析!

前の記事

WPR(WePower)の特徴・将来性・購入方法まで

次の記事

RELATED

関連記事