HOME ブロックチェーン技術 ブイランがブロックチェーンゲーム化!「ヴィーナススクランブル」

ブイランがブロックチェーンゲーム化!「ヴィーナススクランブル」

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年8月31日からサービスが開始された後、約1年1ヶ月で惜しまれながらもサービスを終了した 「VenusRumble(ヴィーナスランブル)」 が、2020年1月にブロックチェーンゲームとしてリメイクされました。

サービス終了から1年弱、ブロックチェーン技術を採用した新タイトル「ヴィーナススクランブル」が公開

スクウェア・エニックスとブループリントが共同開発したスマホ向けアプリゲーム「VenusRumble(ヴィーナスランブル)」は、“セクシーな女神が満載のハーレムRPG”として2017年8月31日から2018年9月30日まで配信されていました。

そしてサービス終了から1年弱、「個性豊かな女神たちをユーザーにもう一度お届けしたい」という思いから発表されたのが「VenusScramble(ヴィーナススクランブル)」です。
新タイトルの開発は株式会社ブループリント。リメイク前と同様、iPhone、Androidに対応したスマートフォン向けのゲームとしてリリースされました。

新しいブイランはブロックチェーンの特性を利用した挑戦作

本作はブロックチェーンの特性である「非中央集権」「信用保証」「トレード性」等を活用した、ブループリントの挑戦作でもあります。

ブロックチェーン技術を採用したゲームは、

  • 暗号資産でのキャラクターやアイテムの購入
  • マーケットを通じたキャラクターやアイテムの取引
  • キャラクターの限定枚数による資産性

といった機能を持っていることが多く、資産性がありマーケット取引との相性が良いのです。

なぜブロックチェーン技術を採用するのか

「ブロックチェーンゲーム」と聞くと「稼げるゲームなの?」と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ブロックチェーン技術を採用することで上記のようなイベントが作れるようになったり、改ざんからデータを守ったり、高い信頼性が確保できるため、「安心してゲームが遊べるようになる」という目的で採用する場合もあります。

リメイクに際してブループリントは「ゲーム業界としてもブロックチェーンゲームの認知度は高くない」とコメントを残しています。そのなかであえてブロックチェーンを採用した今作は、ゲーム業界におけるブロックチェーン技術の浸透に寄与する作品となりうるでしょう。

ブロックチェーンדイチャらぶ”は、奥深いゲーム性を秘める

将来的にはNFTコンバーターで女神が別ゲームで使えるように!

ゲーム内で育てた女神やアイテムは、将来的にNFTコンバーターを通して別のゲームで使用できる予定です。愛情込めて育てた自分の女神が別のゲームの世界に飛び込む日を夢見ながらキャラ育成をする、といった長期的な目標を持つこともできそうです。

異世界への憧れを抱きながらゲームをやりこんでいく。そんな未来を見据えた楽しみ方ができるのも、ブイランの魅力のひとつです。

ブロックチェーン技術を活用していくなかで、絆を強固にする“イチャらぶ”というテーマは意外と相性がいいのかもしれません。

愛でて、話して、戦って。クエストに加えて女神の心も攻略!?

ブイランのバトル画面

ブイランのバトルシステムは行動順が可視化されたターン制バトル。順番は速さによって決められていますが、敵を倒したりウエイトの軽いアビリティを利用することで行動順を操作しながらバトルを有利にすすめていく工夫が必要です。うっかり戦闘不能になったりするとクエストクリア時の評価に影響してしまうため、先読みした行動でバトルを進めていきましょう。

「散策」では女神と会話することによって能力値を上げることができます。クエスト以外の場所で女神を強化するチャンスですので、コミュニケーションは積極的に取りましょう。女神にタッチしたり、プレゼントをあげたりすると親密度がアップ! 親密度があがると、アビリティ解放やエピソード解放のほか、女神をタップした時の反応が変わります。キャラクターには映像表現技術「Live2D」を搭載しており、あなたの女神たちが表情豊かに動きます。

物語におけるバトルで自信がついたら、他のプレイヤーと勝敗を競う「闘技場」や、参加時刻を決めてギルド同士で競い合う「聖戦」で腕試し! 女神との愛を見せつけて、勝利を掴みましょう。

女神との深い愛が、ハーレムをさらに熱くさせる!

2020年3月3日更新の株式会社スマートアプリのプレスリリースでは、ゲーム内通貨を購入できるサービス「GO! FIAT」における累積購入金額と回数を公表。ブイランリリース後からゲーム内通貨の購入金額が大幅増加を達成したと発表しました。グラフからは、ハーレムをエンジョイする人たちの光景が思い浮かびます……!

公式サイトで公開されているロードマップによると現在NFT経済圏拡大に向けて動き始めており、 その先は「and more」とされています。 リメイクに対する想いとして、ブループリントは「ブロックチェーンゲームはゲーム配信会社としての挑戦。ゲーム業界にひとつのインパクトを与えたい」としており、今後もチャレンジ精神あふれる仕掛けでユーザーを楽しませてくれるでしょう。「and more」のその先にある、企業の動向にも注目です!

サービス開始から二ヶ月が経とうとしているブイラン。前作のサービス終了で女神ロスになった方も、未体験の“イチャらぶハーレム”を体感してみたい方も。

愛でて、話して、戦って、女神とのかけがえのない愛を育んでいってはいかがでしょうか。

ヴィーナススクランブル(ブイラン)公式サイト
VenusScramble 公式Twitter

この記事の著者
wanarin
仮想通貨は気ままに買う派です。 新しいサービスを知ったり見つけたりするのが好きです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年以降の日本で普及?セキュリティトークンの注目ニュースまとめ

前の記事

RELATED

関連記事